恋愛がうまくいかないといつも嘆いている友達の特徴は…。

私の友達は、恋愛がいつもうまくいかないと嘆いているのです。
私からみると、彼女にはある特徴があり、それが原因だろう…と思うのです。
そして、その特徴は、同じことを嘆く他の友達とも共通しているのです。

ずばり、恋愛がうまくいかないと嘆く友達の特徴は、
1 年齢のサバをよむ。
2 相手がどう出るかを先に見ていて、その後に自分の出方を考える。
3 恋愛がうまくいかなくて焦っているのに、なぜか余裕ある発言もする。

この共通点は、恋愛がうまくいかないことに関係していると思うのです。

まず1の特徴に関して言いますと、年齢のサバをよみたくなる気持ちは理解はできます。
でも、サバをよむことで、相手にこう思われたい、こう思われたくない、という観点について、自分の考えを優先していることになります。
相手が年齢についてどう思うかは、相手次第ですから、最初から自分の考えを押しつけなくてもよいはずだと思うのです。

次に2の特徴のに関しては、相手を優先しているように、一見思えますが、果たしてそれはどうでしょうか?
実にこの行動は、自分の気持ちがはっきりしていない証拠ともとれます。
そして素直ではない性格の表れです。
相手の行動をみることはもちろん大事ですが、自分の想いがあれば、まずそこに焦点をおきたいですね。
その方が、相手にも好意を持っていることや、通い合う気持ちがあるかどうかが、自然と伝わるものだからです。

3の特徴に関してですが、恋愛がうまくいかなくて焦っているはずなのに、自分にはきっともっと良い相手がいるはずだと、うまくいかなかった恋愛に対して、ポジティブなのです。
一見これも、とても良いことにとれます。
恋愛がうまくいかなかったことに対しての、残念で、失恋したという悲しみ、人間としての素直な気持ちを出すことをしないのです。
そのかわり、相手を下にみて、「私にはもっとよい相手がいるはず~。」というポジティブな発言だけして、自分に酔うのです。

これはやはり、その佇まいが可憐とはいえません。
はたで見てると、「どっからその余裕出てくんの?」という印象で、ふてぶてしい感じに映ります。

かんたんにいうと、もっと素直な気持ちを持っていれば、恋愛がうまくいく体質に変化していくでしょう。